レオンローズ=オクタヴィニア

pso20150924_192321_011.png

レオンローズ=オクタヴィニア [Leonrose Octaviniar]

「美しい? 当然よ。この私だもの」
「悪かったわね! 壁で!! 崖で!! 」
「高貴たる者は義務を負う。見捨てるなんて選択肢、最初から持ってないわ」

簡易設定

24歳のニューマン女性。愛称はレオ。
炎テクニックを主軸に扱うFoBr。
高慢な物言いが、女王のような気位の高さを思わせる。

詳細設定

身長168cm。
ローズブラウンの髪と、ペリドットのような瞳を持つ。
強気な性格を表す凛とした美貌と、すらりと伸びた肢体は、通りすがる者全ての視線を奪う。
本人も自分の容姿が美しいことを十二分に承知しており、世辞や賛辞も当然のものと笑顔で受け取る。
が、まったく成長しなかった胸部が悩みでありコンプレックス。
「貧乳」などとからかうとものすごく怒る。怒って武器で殴ってくる。

性格は強気で豪胆、好奇心旺盛で、常に自信と活力に満ち溢れている。
男勝りなお嬢様、という印象が強く、言動もそのイメージに忠実。
「生きとし生ける者みな全てこの美貌の前に屈服してしかるべし」などと大胆に豪語する。
しかし想定以上の出来事に遭遇したり、虚を突かれたりすると、ふと違う表情を見せたりする。
その、隙や弱さと呼べる一面が、周りに集う者を惹きつけてやまないということを、彼女は知らない。

上流階級の娘であり、その思考はノブレス・オブリージュに因る。
普段の行動の端々にも信条が如実に表れており、立場や力の弱い者を守らなければと常に辺りを見回し、動いている。
実家は孤児院等へ多額の寄付をしており、レオ自身も時折寄付先の孤児院へ赴いては、勉強を教えているらしい。

現在、アークスのアパートに一人暮らし。
意外にも家事スキルは高く、得意料理はシチューやカレーなどといった家庭的で素朴なもの。

炎とレオンローズ

幼い頃から炎属性のフォトンへの適性が高く、自由自在にテクニックを操る。
が、それ以外のフォトン属性を持つテクニックを行使する際にはかなりの負担がかかるらしく、特に氷の属性を有するものは全く使えない程である。
炎フォトンとの親和性の原因、及びそれが何を意味するのかは、定かでない。

関連

人物


ログ



  • 最終更新:2017-08-10 17:10:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード